トルク感応式の特性

リミテッド・スリップ・デフはスポーツカーや高級セダンに搭載されることが多いパーツの1つです。リミテッド・スリップ・デフは一般的なデフと同じように左右のタイヤの回転差ができた際、左右に適切な駆動力の伝達を行います。一般的なデフとリミテッド・スリップ・デフの違いは伝達力の違いの他にトルク量に対応するかどうかもあります。トルク量はクルマにとってコーナリング速度に強く影響する重要な要素の1つです。どのような車であってもコーナリング時は回転差が生まれます。デフはこの回転差をどの程度防ぐかということもあります。リミテッド・スリップ・デフにはいくつかの種類があり、中でもトルク感応式は乗り心地とコーナリング速度を両立させるとして注目されています。この方式ではタイヤの回転差だけではなく、路面から伝わるタイヤのグリップ感も感知して適切に動力の配分が行われます。そのため、これまで難しかった雨や雪の日のデフの管理についても最適な駆動力が配分されます。また、左右のタイヤだけではなく、前後のタイヤの回転差も見るシステムも開発されており、4つのタイヤすべての駆動力を変化させてトルクを適切に配分して、コーナリング速度を上げるというシステムもあります