作動装置(デファレンシャルギヤ)の働きと仕組み

作動装置はデファレンシャルギヤとも呼ばれ、動力伝達装置の一部です。エンジンで発生した駆動力を、さまざまなタイプのギヤと呼ばれる傘歯車を経由して、駆動力に伝える働きをします。その時に、2つの部分の動きで生じる差を検出し、または動力に差を付けることで振り分けを行う装置です。これと搭載することによって、駆動回転軸の方向転換や、カーブを曲がる際などに発生する左右輪の回転差を吸収し、スムーズなコーナリングが可能となります。
仕組みとして、動力はまず外側にあるリングギヤに伝えられ、左右の車輪につながるサイドギアとそれをつなぐ小型歯車が枠でちょっつしており、その枠ごと回転をし始めます。枠についている小柄歯車は回転しませんが、枠の回転によって両側のサイドギヤを、同じ速度で回すという役割があります。しかし、片方の車輪が走行中に側溝に落ちてしまったり、また縁石に乗り上げてしまったなど、どちらか一方の車輪に負荷がかかると、サイドギヤにも負荷がかかったり、または固定されてしまい、その車輪にかかる拘束力であトルクが著しく小さくなって舞うため空転を起こしてしまします。
こうした状況による空転を解決させるため、差動装置の固定・解放を制御するデフロックというものが開発されています。これは、サイドギヤの回転を抑制して空転を防止させるものです。