回転感応式の特性

機械的機構の一種であり、二つの部分の動きを比べその差を検出し、あるいは動力に差を付けて振り分けをする装置が「差動装置」と言い、歯車を使った差動歯車やネジを使用したものなどがあります。この差動歯車は、デファレンシャルギア(デフギア・デフ)などとも呼ばれています。
自動車が走行するとき、直線道路を走っている場合には、駆動している左右の駆動輪は均一な回転数なため、それぞれの車輪の速度に差は生じてきません。しかし、カーブに差し掛かった場合には、カーブの内輪と外輪との間に回転数の差が生じてきます。これは、カーブの走行によって左右それぞれの車輪が走る距離に違いが出てくるためです。こうした差をなくして、路面にトルクを均一に伝達させるためにこの差動歯車が採用されているのです。
しかし、この機構を採用しても片方の車輪への負担が低下してしまうと、空転を起こしてしまいもう片方の車輪を回転させることができなくなるというデメリットがあります。このようなデメリットを解決させるために、左右の駆動輪に対する差動歯車の働きを限定的に制御し、車輪の空転を防ぐ、リミテッド・スリップ・デフ(LSD)という機構が採用されています。
LSDが機能するには、左右の車輪の回転数や速度を検知する必要があり、回転感応式のLSDでは、左右の車輪の回転数の差が、ある程度一定以上に大きくなった場合に、差動を制限する機能を持っています。