デフロックってどんなもの?

デフロックとはデファレンシャルギアを一時的にロックする装置のことです。日本語では「差動固定装置」と呼ばれます。

車がカーブを曲がる時、内側と外側の車輪に速度差が生じます。これを吸収しつつ動力源から同じトルクを振り分けて伝えるのがデファレンシャルギアの役目です。これによってスムーズにカーブを曲がることができます。

しかしこの装置にはデメリットもあります。片方の車輪が浮き上がったり、滑りやすい路面のうえにある場合、その車輪が空回りしてしまいます。こうなると接地している車輪に駆動力が伝わらなくなります。そこでこの対策として一時的にデファレンシャルギアの動作を抑制して、左右の車輪が直結されたかのような動作をさせます。これなら片輪が浮き上がっても空回りすることがあっても、反対側の車輪はエンジンによって回るため、車は進むことができます。

差動固定装置には、運転手の直接的な作動指令なしに自動的に固定と解除を行う自動式のものと、運転席から差動装置の開放・固定を任意に選択できる選択式のものがあります。選択式のものの場合、運転手にも一定の技術が必要です。技量の劣る運転手が、差動固定を必要としない状態でない局面で差動固定装置を作動させて走行すれば、駆動系統に大きな負担をかけることになるからです。