アクティブ制御式の特性

リミテッド・スリップ・デフは、差動装置の一つです。その役割は作動の条件に応じた制限を持たせて、側面ギアの回転を限定的に抑制します。これによって無負荷状態の車輪の空転を防ぎ、悪路や滑りやすい道路状況でも車輪に駆動力が伝わります。特定の条件下の時だけ自動的に制御するので、極端な操縦性の変化が起こりづらくなりました。デフロックの欠点をうまくカバーしています。リミテッド・スリップ・デフは、差動制限の方式により、3つの種類に分けられます。作動アクティブ制御式はその中の一つです。これは、新しい技術として電子制御された差動装置です。コンピュータが各センサーの情報をもとにアクティブに差動制限効果の制御を行います。ラリーなどのレース用の自動車に多く利用されます。油圧で摩擦板の圧力を調整する油圧式と、電磁クラッチを利用するものがあります。一般的には、油圧式より電磁のものの方が、制御応答性に優れていると言われます。市販の一般的な車にも搭載されるようになりました。優れた運動能力に加え高度なコントロールが可能であることから、スポーツカーの差動装置の印象が強いですが、最近では安全制を高めるものとして研究、開発が行われています。