*

作動装置は、機械的機構の一種であり、二か所の部分の動きの差を検出して、または動力に差を付けて振り分ける装置です。この装置には歯車を使用しているものや、ネジを使用しているものがあります。これら差動歯車のことをデファレンシャルギアと呼び、略してデフギア・デフなどとも呼ばれています。
このデファレンシャルギアは、自動車などの車輪のついている乗り物に使用される動力伝達装置で、差動装置の中でも最も多く採用されているものです。
これを採用することによって、車がカーブにさしかかたとき、内側と外側の車輪に回転数の差が生じてきます。その時に、その回転数の差を吸収しながら、動力源から同じトルクを振り分けて伝達することができます。従って、1つのエンジン出力を、2つの異なった回転速度に振り分けで伝えることができるというわけです。
このデファレンシャルギアは、一般的に3輪以上の自動車で採用されており、駆動する左右の車輪の軸中央あたりに設置されています。また、動力のない車輪や、対となる駆動輪の存在しない2輪車などには、このシステムを必要としないため使われていません。
しかし、デファレンシャルギアには、片方の車輪へ負荷低下した場合には空転を起こすという欠点があり、これを防ぐためリミテッド・スリップ・デフという機構が採用されています。